登山靴の全底交換×二足


今回は靴底がすっかり剥がれてしまった登山靴2足の全底交換(オールソール交換)です。

剥がれた底はウレタン部分が劣化しポロポロと崩れ落ちています。山を登っている時にこうなってしまったら大変ですね。



これを何とかして取り除く事から修理は始まります。

もう一足も同じ状態です。綺麗に取り除くのは時間のかかる作業です。



つま先部分が欠けてしまっている部分も補修します。まず欠けた部分を埋めて…。

新しくゴムを貼り綺麗になりました。



新しい底を用意します。アッパーと靴底の間に一枚スポンジ板を挟みます。「神戸カステラ板」というちょっと美味しそうな名前です。プライマー処理後、強力な接着剤で接着します。

神戸カステラ板を貼って周りを仕上げたところです。丈夫でクッション性のある素材です。



完成しました。こちらに使用したのはビブラム社製登山用ラバーユニットソールです。

もう一足も完成です。こちらに使用したのは同じくビブラム社の1220ソールというタイプです。フラットな底です。



アッパーの革が乾燥していましたので軽くオイルを塗り栄養を与えました。

 

これでまた山登りができるようになりましたね!