ワークブーツのお手入れにミンクオイル

 ツヤ革のお手入れには靴クリームを使用しますが、レッドウイング等に代表されるワークブーツのお手入れにはミンクオイルをお勧めします。

ワークブーツには元々丈夫な革が使われていますが、乾燥すると傷が付きやすくなったりヒビ割れの原因になってしまいます。10年、20年と長く履くために、革に適度な潤いを与え長持ちさせましょう。

使い方は簡単。靴の汚れを落としたら指で少しずつ塗り込んでいきます。油分が染み込むと革の色が濃くなるので、最初は目立たない場所に塗って様子を見てから全体に塗って下さい。付け過ぎはカビの原因になりますのでご注意を。最後は乾拭きして完了です。

 

他にも、紳士靴の靴底が革のタイプにミンクオイルを塗ると革がしなやかになり、擦り減りにくくなります。登山靴や野球のグローブのお手入れにも如何でしょうか。

 

時々何にでも使用できると勘違いされた方が、ビジネスシューズの靴磨きにミンクオイルを使用しているのをお見受けいたしますが、色が薄い靴に塗ってまだら模様になったり、ベタベタし過ぎてかえってホコリが付き汚れやすくなってしまいます。そういった靴には通常の靴クリームを使用しましょう。

わからない点があればお気軽にご相談下さい。

写真はコロンブスのミンクオイル45(ビン入りタイプ600円)です。液体タイプスプレータイプもありますが、初心者の方には固形タイプが使いやすくお勧めです。