続・紳士靴オールソール交換

先日途中までご紹介した紳士靴の続きです。

かかとの縁も傷んでおりましたので革をあてて補修しています。

元々は接着剤のみで底が取り付けられていましたので、今回の修理にあたって底縫いをかけました。(セメント製法→マッケイ製法)

そのままでは糸が露出しますのでハーフソール加工を施し耐久性と滑りにくさをプラス。

ヒール部分は耐久性のある国産ゴムヒールをお付けしました。

糸で縫う事で底がしっかりくっつきましたので、今後はソールの剥がれを気にする事も無くなりますね。

糸の縫い目が見えない程厚く盛られた古い靴クリームを全て落とし、新しく靴クリームを塗り磨きました。

カチカチに固くなって靴が裂ける手前の状態でしたが、革にしなやかさが戻りました。


最初の状態と比べますと、革本来の艶と輝きが出てきたのがわかります。


中敷も新しくして完成です。お持ちいただいた時かなり傷んだ状態ではありましたが、とても大事な靴との事でしたので可能な限り補修をさせていただきました。仕上りに非常に満足していただけましたので私も嬉しいです。