レッドウイングの全底交換

レッドウイングのブーツの修理です。画像は修理後のものです。

スーパーソールというウレタン素材が劣化してボロボロになっている 状態でしたので、底全部の交換となりました。

 

通常はウェルトを交換して縫い直しをする必要があり高額な修理となりますが、お安く済ませるために他の方法を考えてみました。

柔らかなスポンジ素材をソールの間にサンドイッチのように挟んでいます。

ソールはお客様のご希望によりビブラムの700番ソールとヒールを使用。

登山靴風の見た目から少し落ち着いた雰囲気に変わりました。