スニーカータイプの革靴の全底交換

アッパーは本革ですがソールは 劣化して崩れ始めているスニーカーの底です。

ウレタン製の底は空気中の水分を吸って加水分解を起こし、たとえ履かずに保存していたとしても写真のように崩れ落ちてきます。

両足共に同じような状態です。

劣化したソールをできる限り取り除き、新しい底を作っていきます。

劣化したウレタンを取り除くのがとても重要で、きちんと除去できないと貼り付けたソールが簡単に剥がれてしまいます。

修理後です。

剥がした面は凸凹しておりますので柔らかいカステラ板という素材をミッドソールとして使用し、地面に触れる一番下のソール部分はビブラムのスポンジシートを貼りました。

アッパーは本革で丈夫な素材ですのでソールさえ交換すればまだまだ履けます!劣化しやすいウレタン素材からスポンジ素材へ交換しておりますので、今後は修理しながら新しいソールへ交換するのは以前よりも容易になっております。

 

履きやすくてお気に入りだったそうで、お引き渡しの際はお客様も大変喜ばれておられました。

お客様に喜んでいただけるのは靴修理人として最も嬉しい瞬間です(^^)/